適性検査って何?適性検査にはどんな目的があるの?

採用試験で行われる適性検査とは?

今や殆どの企業が採用試験で適性検査を実施しています。この適性検査はその職業への適性を見る検査で、国語・数学・英語などの学力検査と性格検査の2科目で検査することが多いです。ただし職種によってはストレス耐性診断や運動能力検査等、様々な検査を実施します。適性検査は職業への適性を見る検査なので、企業によってどんな適性検査を行うか分からないんですよね。適性検査対策の本も販売されているので不安な人は確認してみましょう。

適性検査の目的について

企業が採用試験で実施する適性検査、この目的は職業への適性を見ることなんですが、それだけはないんですよね。適性検査では学力や性格などを短時間で数値化することが可能です。つまり、受験者の客観的な情報を短時間で効率的に集められるんです。1人1人に面接していては時間がかかり過ぎますからね。また、検査の結果によって受験者を絞り込むという目的もあります。大抵の企業では第一次試験で適性検査を行いますからね。それと主観が入りがちな面接と異なり、客観的な評価ができるという側面もあります。

適性検査に対策方法はあるの

企業の適性検査で落とされるという人も少なくありませんね。できれば対策をして落ちないようにしたいですよね。対策として一般知識・教養、知能試験に関しては対策本が出てるので、それで勉強するのが一番でしょう。やっかいなのは性格検査の方で、こちらに特別な対策方法はありません。あえて言うなら嘘をつかないことぐらいでしょうか。銀行だから堅実な感じで答えようとか、ファッション業界だから少し独創的にとかは止めた方が良いですよ。

都市部ではおおむね1月に行われる公立中高一貫校の適性検査ですが、知識を純粋に問うものではありません。普段から物事を観察し、よく考え、それを適切に表現できるように、訓練する必要があります。