太陽光発電システム導入に当たっては、慎重に業者選びを

飛び込みセールスでは契約しない

太陽光発電システム導入には、高額な費用がかかります。太陽光パネルのメーカーはいくつもありますし、販売会社もたくさんあります。購入の際は慎重に選択することが求められます。詐欺グループが、飛び込みセールスで契約させる例もあるようです。大金が動くので狙われやすい状況となっています。戸建て住まいの老人などは特にターゲットになりやすいので、親族はよくよく注意しておきましょう。クーリングオフの期間も短いので要注意です。

導入時期も迷うところ

太陽光発電システムは値下がりが続いています。今後ますます普及が進めば、大量生産できるので、さらに安くなっていくことが期待できます。しかし、それと並行して買取価格も下がります。いつ導入するかというのは迷うところでしょう。自治体が補助金を出すことも依然あるようです。ただ予算が限られているので先着順となり、すぐ締め切られることもあります。運良く補助金が得られたら導入する、ということでもいいのかもしれません。

発電効率も上がってきている

太陽光パネルは価格が下がってきているだけでなく、発電効率も上がってきています。これにより、初期投資費用を回収できるまでの期間はますます短くなりつつあります。買取価格が下がると、その期間は伸びますが、初期の手厚い推進策のあった頃と比べても、そう損はないでしょう。詐欺に遭って法外な契約さえしなければ、採算は合うと期待できそうです。契約にあたっては、インターネットなどを活用し、値段の相場を頭に入れてておくと良いでしょう。

太陽光発電の価格は、設備の充実度に直結することがあり、常日ごろから身近な電力会社とよく相談することが必要です。